米国株を1株だけ買う方法│手数料が一番お得な方法は?配当金はもらえる?

ブタさん

米国株を1株だけ買う方法を教えて。手数料が一番お得な方法は?配当金は1株でももらえるの?
そんなあなたのために初心者でも簡単に米国株を1株だけ買う方法や配当金のもらい方を紹介します。手数料が安い方法も紹介するぞ。

オオカミ部長

この記事を読んでわかること
  • 米国株を1株だけ買う方法
  • 米国株を1株だけ買う際に手数料が一番お得な方法
  • 1株だけで配当金はもらえる?

米国株を1株だけ買う方法【2021年】最新版

米国株1株だけの小額投資は意味がない?

ブタさん

米国株は1株だけ買うことはできるの?1株だけの投資って意味がある?
米国株は1株だけ買うことは可能だ。そして1株だけの投資でも意味はあるぞ

オオカミ部長

米国株は日本の株式と異なりすべての上場株式を1株単位で購入することができるので小額から投資をすることが可能です

そして1株だけの投資は意味がないのでしょうか?

答えは「そんなことはありません」

例えば米国株で有名な「Amazon(アマゾン)」の株価は2021年6月6日現在

1株=3206ドル=約35万1,250円です

出典:TradingView.comよりAmazonの1株の株価の推移

もし2001年の10月1日にAmazon株を買っていれば

1株=5.91ドル=約710円で購入できたことになります

その差額はなんと35万540円なので1株だけ保有していても35万円儲けがでたことになるのです

米国株は世界中に進出している大企業が多く、株価の上昇もケタ違いです

そのため1株だけの投資であっても十分意味があると言えます

ブタさん

逆にAmazonに今投資しようとすると35万円必要なんだ・・・1株以下で投資する方法はあるの?
もちろんあるぞ、スマホ証券【PayPay証券】を使えば1000円から投資が可能だ。詳細は下記で説明するぞ

オオカミ部長

米国株を1株だけ買う方法

ブタさん

米国株を1株だけ買う方法を教えて
分かった、基本的には下記の証券会社で買えるぞ

オオカミ部長

米国株を買う方法は下記のような流れになります

STEP.1
証券会社に口座開設
まずは米国株が買える証券会社に口座開設します。

米国株の取り扱いがある証券会社は以下の証券会社があります

米国株の取り扱いがある証券会社
STEP.2
円を米ドルに両替
日本円を米ドルに両替します。

PayPay証券だけは日本円でそのまま購入できます

STEP.3
株式購入
株式を購入します。購入した株式は証券会社の画面で見ることができます

ブタさん

そんなに難しくないんだね
そうだな、一度日本円を両替する必要はあるがそれ以外は基本的に日本株と同じやり方で購入できるぞ

オオカミ部長

手数料が一番お得な証券会社は?

ブタさん

手数料が一番お得な証券会社はどれ?
比較してみたぞ

オオカミ部長

手数料が一番お得な証券会社はどれなのでしょうか?比較してみました

注意すべきなのが米国株を購入するには2つの手数料を払う必要がある点です

  • 売買手数料
  • 為替手数料

米国株は米ドルに両替する必要があるので

為替手数料も含んだ2つの手数料の合計を見る必要があります

各証券会社の手数料一覧は以下のようになっています

証券会社 売買手数料 為替手数料(1ドル当り) 取扱銘柄数
PayPay証券 スプレッドとして上乗せ
基準価格の0.5% or 0.7%※1
0.35円 約160銘柄
DMM 株 無料 0.25円 約1100銘柄
楽天証券 約定代金の0.495%(最大22ドル) 0.25円 約3700銘柄
SBI証券 約定代金の0.495%(最大22ドル)※2 0.25円 約4000銘柄
マネックス証券 約定代金の0.495%(最大22ドル) 買付:0円
売却:0.25円
4100銘柄以上

※1PayPay証券のスプレッドは時間で異なる

  • 現地時間9:30~16:00までの間:基準価格の0.5%
  • それ以外の時間帯:基準価格の0.7%

※2 SBI証券はインターネットコースの値を記載

ブタさん

スプレッド?0.495%?結局いくらになるの?
売買代金当たりの手数料を下記にまとめたぞ

オオカミ部長

  売買代金ごとの手数料総額(片道)※
証券会社 1,000円 1万円 10万円 100万円
PayPay証券 8.5円 85円 850円 8500円
DMM 株 2.5円 25円 250円 2500円
楽天証券 7.45円 74.5円 745円 4700円
SBI証券 7.45円 74.5円 745円 4700円
マネックス証券 7.45円 74.5円 745円 4700円

※PayPay証券のスプレッドは0.5%で計算

為替レートは1米ドル100円で計算しており、為替変動によって円換算額は変動します。

ブタさん

DMM 株が安いんだね
手数料が一番お得な証券会社は?

1株以下の値段で買う方法はある?

ブタさん

手数料が安い証券会社は分かったけど、Amazonを小額で買いたい場合は1株以下の値段で買うことはできる?
可能だぞ。PayPay証券ならどんな株も1000円単位で買えるんだ

オオカミ部長

米国株は1株から買えますが、米国株は成長性が高い企業が多く

1株でも以下のように多くの資金が必要になることがあります

企業名 1株価格※
アマゾン 約35万円
アルファベット(Google) 約27万円
エヌビディア 約7.7万円
テスラ 約6.4万円
ネットフリックス 約5.4万円

※2021年6月7日の価格、1ドル=109円で計算

この場合PayPay証券ならどんな株も1000円単位で買えるため

  • 小額から投資が可能
  • リスクを分散した投資が可能

といったメリットがあります

一方でデメリットとしては

  • 手数料が若干高い
  • 銘柄数が約160銘柄と少ない

といったデメリットがあります

しかし手数料は1000円単位で買える分多少高くなるのは当然ですし、メジャーな銘柄は購入できるので

小額から米国株を始めたい方にはおすすめできる証券会社です

PayPay証券のキャンペーンを紹介した記事はこちら↓↓

PayPay証券の口座開設キャンペーンまとめ【キャンペーンコード】も紹介
1株以下の値段で買う方法

米国株1株だけで配当はもらえる?

ブタさん

米国株1株だけで配当はもらえるの?
1株だけでももらえるぞ

オオカミ部長

米国株は日本株と異なり年間4回の配当を行う(日本株は1~2回が多い)企業が多く、株主に配当で還元するという意識が強くあり、日本株よりも配当利回りが高い傾向にあります

そして長い期間配当金が増え続けている「長期連続増配銘柄」が多数存在し50年以上にわたって配当金を増やし続けている企業もあります

<2021年米国株連続増配ランキング>

会社名 増配年数 配当利回り
スリーエム 59年 4.07%
コカ・コーラ 57年 3.62%
エイ・ビー・ビー 45年 4.56%

そして米国株は誰でもすべての上場銘柄・ETFが1株単位から売買が可能なので配当金も1株からもらうことができます

米国株1株だけのおすすめ銘柄ランキング

ブタさん

米国株の買い方は分かったから、おすすめ銘柄を教えて
わかった、それでは米国株おすすめ銘柄をランキングで紹介するぞ

オオカミ部長

1位:amazon

アマゾンは本のネット販売からスタートした企業です。

取扱商品数、展開地域が世界最大級のインターネット通販サイトで誰もが知っている企業ですね

インターネットでの買い物は、今や当たり前となっており、

経済産業省が公表した2020年度「電子商取引に関する市場調査」では2017年から年平均18%以上の市場成長率を続けています

経済産業省:2020年度「電子商取引に関する市場調査」

今後も成長が期待できる企業であると言えますね

2位:google(アルファベット)

みなさんがインターネットの検索で使用しているGoogleの親会社「アルファベット」がオススメ銘柄2位です

おすすめする理由は今後も売り上げ増加が見込める点です

アルファベットの収益の大半はYouTubeを含むさまざまなコンテンツの広告売上高で、全体の約70%を占めます

そしてこれらの売り上げは増加しており2021年4月の決済では

全体の売上高は、前年同期比34%増の553億1400万ドル、純利益は162%増の179億3000万ドル(1株当たり純利益は26ドル29セント)で過去最高を更新しています

3位:スリーエム

スリーエム(3M)は「ポストイット」で有名な米国企業ですが

ポストイットのようなコンシューマー事業以外にも

  • 接着剤やマスキングテープ
  • 道路標識の反射シートや水拭き用モップ
  • 医療から食品関連までのヘルスケア製品
  • コネクタや電線の接続部、ケーブルのチューブ

など5万種類を超える製品を提供しています。

注目すべきは62年連続増配株であるという点です

62年間連続で配当を増やし続けています、また5年平均増配率も9.18%と素晴らしい成績ですね

4位:コカ・コーラ

コカ・コーラは誰もが知る米国企業でありその歴史は古く

創立1892年で、100年以上の歴史と200を超える国や地域に展開していて、世界中でコカコーラを販売している、グローバルな巨大企業です

投資の神様とも言われるウォーレン・バフェットが全資産の3分の1をコカ・コーラ株に投資したことでも有名な米国企業ですね

こちらも3M同様に増配を続ける優良企業で

連続増配58年、配当利回り約3%

と非常に魅力があります

5位:エヌビディア

エヌビディアは半導体大手企業で

コンピュータのグラフィックス(画像)処理や演算処理の高速化を主な目的とするGPU(グラフィックス・プロセッシング・ユニット)のトップメーカーです

任天堂の新型ゲーム機の「スイッチ」でも採用されており、グーグルなどのデータセンター向け商品や自動運転にも活用されています

また2021年4月のニュースでは米インテルが世界シェアの90%を占めるCPU市場に参入することを発表し

従来のシステムの10倍の計算速度が出せると話題になっています

2021会計年度第4四半期決算(1月31日締め)ではゲームとデータセンターの両事業で売上高が過去最高になるなど今後の成長に期待できる企業です

米国株を1株だけ買う方法まとめ

以上が米国株を1株だけ買う方法まとめでした

米国株を1株だけ買う方法まとめ

いかがだったでしょうか?

米国は株主還元の考えが根付いているため「連続増配当株」や

世界の市場で活躍する「高成長株」も数多く存在します

米国株はどれでも1株から買えるので、興味のある方は小額でもいいので投資してみることをオススメします