LINE証券口座開設方法を【スマホ画像付】で初心者向けに解説

LINE証券を始めたい人

LINE証券で取引を始めたいけど、口座開設方法を知りたい。初めての口座開設で失敗したくない。初心者にわかるように教えてほしい。
そんなあなたに本記事では初心者でもできるLINE証券の口座開方法スマホの画像付でわかりやすく解説します

オオカミ部長

この記事を読んでわかること
  • LINE証券の口座開設のやり方(画像付で解説)
  • 口座開設にかかる日数
  • 口座開設できる年齢
  • 口座開設できないときの確認項目

LINE証券口座開設方法

口座開設(無料)で用意するもの

LINE証券口座は無料で開設できます。

口座開設に必要な書類は以下の2つだけです。早速準備して口座を開設していきましょう。

口座開設で用意するもの
  • マイナンバー確認書類(個人番号カード、通知カード、マイナンバー記載の住民票のうち1つ)
  • 本人確認書類(個人番号カード、運転免許証、健康保険証のうち1つ)

口座開設方法

STEP.1
LINEアプリを起動

まずはいつものLINEアプリを起動します。

右下の「ウォレット」タブを押して「証券」をタップ

「口座開設(無料)」を選択

「はじめる」を選択

利用規約を確認して「全てに同意する」を選択し「OK」を押す

必要事項を確認して「はい」を選択

確定申告の方法投資の方針を選択して「OK」を押す

確定申告の方法について
確定申告の方法については「LINE証券に任せる」がおすすめです。「LINE証券に任せる」を選択した場合、特定口座(源泉徴収あり)の口座となり確定申告が不要になります。「自分で確定申告する」を選択した場合は年間で利益が出た場合は確定申告をする必要があります。

 

STEP.2
本人情報を入力

氏名や住所、職業を入力し「入力内容を確認する」を選択

確認画面が出てくるので「確定する」を選択

認証のため「電話番号」を入力

認証番号がSMSで届くので「認証番号」を入力

STEP.3
本人確認書類の提出

本人確認書類の提出をします。

本人確認書類はスマホで完結できる書類郵送での手続きの二種類があります

スマホで完結できる本人確認書類
  • マイナンバー個人番号カード+運転免許証
  • マイナンバー通知カード+運転免許証
  • マイナンバー記載の住民票+運転免許証
郵送での手続きが必要な本人確認書類
  • マイナンバー記載の住民票+健康保険証

今回は「マイナンバー個人番号カード」で口座開設します。

本人確認のため「マイナンバー」を入力して「つぎへ」を選択

「おもて撮影」「うら撮影」を押して画像を撮影し「OK」を選択

外部サイトで本人確認(免許証、顔撮影)を行います「撮影へすすむ」を選択

撮影が終了したら下記のような画面が表示されます。

STEP.4
LINE証券の審査
LINE証券の審査があります。

審査に掛かる日数は最短翌営業日~郵送の場合は4営業日程度かかります。

審査完了までしばらく待ちます。

STEP.5
口座開設完了
審査が完了したら「LINE証券 お知らせ」に下記のようなメッセージが届いて、口座開設完了です。

取引開始手続き

STEP.1
取引開始手続きをはじめる
「LINE証券 お知らせ」メッセージから「取引開始手続きへ進む」を選択

下のような画面がでてくるので「取引開始手続きへ」を選択

STEP.2
投資に関する6つの質問に答える
投資に関しての以下の6つの質問に答えます。

ここで審査に落ちることはないので深く考えずに入力してしまいましょう。

  1. あなたは株式投資の経験はありますか?
  2. 投資信託の投資経験はありますか?
  3. 現在の年収をお選びください
  4. 現在の金融資産額をお選びください
  5. 当社で運用を予定している金額をお選びください
  6. お取引のきっかけをお選びください
STEP.3
職業情報を入力
職業情報を入力します

STEP.4
利用規約を確認
利用規約を確認して全てに同意するを選択してOKを押します

STEP.5
取引暗証番号を設定
取引する際に使う6ケタの暗証番号を入力します

取引時に暗証番号の入力を省略するか選択します

STEP.6
取引開始手続き完了
この画面が出てくれば取引開始手続き完了です

信用取引口座を開設しますか?と出てきますが必要が無い方や初心者の方はリスクが高い投資ができる口座になるので開設しないでも大丈夫です。必要になったらいつでも申請ができます。

信用口座とは
信用口座とは証券会社からお金を借りて資金の3倍までの株を買うことができる口座になります。10万円しか持っていなくても30万円の株を買うこともできますが、株価が持っているお金以上に値下がりすると追証(おいしょう)といって借金が発生するリスクがあります

以上で取引が開始できます!お疲れ様でした!

LINE証券の審査にかかる日数は?

LINE証券を始めたい人

口座開設の申し込みが完了したけど、審査日数は何日?
「かんたん本人確認」の場合、最短翌営業日だ。郵送の場合4営業日程度で口座開設完了通知ハガキが届くぞ。

オオカミ部長

LINE証券の年齢制限は何歳?未成年でもOK?

LINE証券を始めたい人

LINE証券の口座開設は何歳からできるの?未成年でもOK?
20歳以上70歳以下の方が口座開設可能だ。残念ながら未成年の方は口座開設が出来ないんだ。ただし他の証券会社なら未成年でも口座開設が可能な証券会社があるぞ。

オオカミ部長

MEMO
LINE証券は未成年の方は口座開設することができません。未成年でも口座開設が可能な証券会社は以下のような証券会社があります。

LINE証券の口座開設できないときに確認する項目

LINE証券を始めたい人

LINE証券の口座開設できなかった・・・。審査に落ちる理由を教えて。
初心者にありがちな口座開設できない、審査に落ちる原因をまとめたぞ。審査に落ちてしまった方は以下の項目をチェックしてみてくれ。

オオカミ部長

①マイナンバーの住所と本人確認書類の住所が合っているか

まずは基本的な項目ですが、マイナンバーの住所と本人確認書類の住所が合っているか確認しましょう。

二つの住所が合っていないと審査には通らないので再度確認してみてください。

引っ越しなどで住所が変わっていないか確認しよう

オオカミ部長

②年齢は20歳以上70歳以下

LINE証券の口座開設可能な年齢は20歳以上、70歳以下です。

口座開設可能な年齢かもう一度確認しましょう。

20歳以上、70歳以下であれば無職や主婦の方でも口座開設可能だ

オオカミ部長

③日本国籍か、外国居住でないか

LINE証券の口座開設可能な方は日本国籍で国内居住の方のみです。

日本国籍でない、外国に居住の方は口座開設することができません。

MEMO
LINE証券は日本国籍出ない方は口座開設することができません。日本国籍でなくても口座開設が可能な証券会社は以下のような証券会社があります。

まとめ

以上が初心者でもできるLINE証券口座開設方法でした

まとめると

LINE証券口座開設方法まとめ
  • いつものLINEアプリから口座開設可能
  • 用意するものはマイナンバー確認書類本人確認書類の2つ
  • 口座開設にかかる日数は翌営業日~4営業日程度
  • 口座開設できる年齢は20歳以上70歳以下
  • 口座開設できないときの確認項目は住所、年齢、国籍、居住地

LINE証券は1株から株が買えるため誰でも手軽に投資を始めることができます。

今回はじめてLINE証券を口座開設しましたが、LINEアプリから口座開設できるのですぐに登録が出来ました。

今なら最高3株の購入代金がもらえるキャンペーンをしていますので是非この機会にLINE証券で取引をはじめてみるのもいいかもしれません。

LINE証券口座開設